応援ナースしんどいからもう辞めたい…しんどい理由から対策方法まとめ

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

応援ナースは、さまざまな病院や施設で働くことができる、看護師の働き方の一つです。しかし、その一方で、しんどいと感じる人も多いようです。

そこで、今回は、応援ナースがしんどいと感じてしまう理由と、その対策方法についてご紹介します。

  1. 応援ナースがしんどい…途中で辞めてもいいの?
    1. 応援ナースを途中で辞めるとどうなる?
  2. 応援ナースを辞めたいと考える理由は?よくある理由のトップ3を解説
    1. 職場の人間関係がうまく機能していない
    2. 仕事内容や勤務環境が自分の適性や期待と合わない
    3. 給与や待遇に対する不満がある
  3. 応援ナースを辞めたくなったら…対策方法3つ
    1. 自分の気持ちを整理する
    2. 上司や同僚に相談する
    3. 転職サイトに登録する
    4. なぜ無料で利用できるの?看護師転職サイトの仕組み
    5. 転職サイトを利用する3つのメリット
      1. 非公開求人を紹介してもらえる
      2. 履歴書や面接のサポートをしてもらえる
      3. 応募手続きや選考の日程調整や内定後の給与交渉をしてもらえる
  4. 応援ナースを辞めたい人におすすめの転職サイトTop3
    1. 1位.ジョブメドレー | 自分のペースで転職活動ができる 利用者満足度No.1の転職サイト
    2. 2位.ナースではたらこ | 行きたい病院を直接指名できる”逆指名求人”が魅力的な転職サイト
    3. 3位.レバウェル看護(旧:看護のお仕事) | 公開求人数No.1 面接同行サービスなどの充実したサポート体制が強み
  5. 応援ナースに関するよくある質問
    1. 新型コロナウイルス感染症対応の応援ナース求人はある?
    2. 震災対応の応援ナース求人はある?
    3. 応援ナースは電話やweb面接もできる?
    4. 応援ナース登録後の流れを知りたい
    5. まとめ:一時的に稼ぐならアリだけどずっと続けるのはしんどい

応援ナースがしんどい…途中で辞めてもいいの?

結論から言うと、応援ナースは途中で辞めることも可能です。

応援ナースは、基本的には労働基準法上の有期雇用契約(3ヶ月~6ヶ月)となります。有期雇用契約は、原則として期間満了の30日前までに申し出ることで、自由に解約することができます。

ただし、応援ナースとして派遣される場合には、派遣先の病院や施設の就業規則や派遣元の規程によって、途中退職の条件が定められている場合もあります。

また、応援ナースとして赴任する際に、赴任費や研修費などの費用を支給された場合には、それを返納しなければいけない場合もあります。

応援ナースを途中で辞めるとどうなる?

応援ナースを途中で辞めると、以下のようなデメリットがあります。

  • 派遣先の病院や施設に迷惑をかけてしまう
  • 未払い残業代や有給休暇の消滅などのリスクがある
  • 転職活動の際に、応援ナースとしての短期間での退職を理由に不採用になる可能性がある

応援ナースを途中で辞める場合は、デメリットを理解した上で、慎重に判断するようにしましょう。

応援ナースを辞めたいと考える理由は?よくある理由のトップ3を解説

応援ナースの仕事を辞めたくなる理由は、各個人の経験や感じ方により、さまざまです。

しかし、具体的によく耳にする理由として、以下の3つが挙げられます。

職場の人間関係がうまく機能していない

応援ナースとしての職務に就く場合、新たな職場へ短期間での出向が求められます。これは新たな人間関係を築くという挑戦ともなります。そのため、職場の人間関係が上手く構築できず、ストレスを感じてしまい、結果として辞めたくなる人も少なくないようです。

仕事内容や勤務環境が自分の適性や期待と合わない

応援ナースの役割は、さまざまな職場や環境で働くことを求められます。これは多岐に渡る経験を得るという利点がありますが、一方で、仕事内容や環境が自分のスキルや期待と合わず、適応するのが難しいと感じる人も多いようです。

給与や待遇に対する不満がある

応援ナースの給与や待遇は、一般的に常勤看護師と比べて低い傾向があります。そのため、労働内容に見合った給与や待遇が得られないと感じ、これが原因で辞めたくなる人も存在します。

応援ナースを辞めたくなったら…対策方法3つ

応援ナースを辞めたくなったら、まずは以下の対策方法を試してみてください。

自分の気持ちを整理する

まずは、自分がなぜ辞めたいのか、自分の気持ちを整理しましょう。

職場の人間関係がうまくいかない場合は、上司や同僚に相談したり、転職エージェントに相談したりして、解決方法を探してみるのも一つの方法です。

仕事内容や環境が自分に合わない場合は、転職先を検討してみるのも一つの方法です。

給与や待遇が不満の場合は、派遣元の担当者に相談したり、給与や待遇の良い応援ナース先を探してみるのも一つの方法です。

上司や同僚に相談する

もし、職場の人間関係や仕事内容、給与や待遇が原因で辞めたいと思っている場合は、上司や同僚に相談してみるのも一つの方法です。

上司や同僚に相談することで、解決方法が見つかる可能性があります。

転職サイトに登録する

もし、転職先を検討している場合は、転職サイトに登録してエージェントに相談してみるのも一つの方法です。

転職エージェントは、転職に関する豊富な知識と経験を持っています。

そのため、あなたのこれまでの経歴や強みをもとに、自分に合った転職先を紹介してくれます。

無料で相談することができ、相談してみた結果、やっぱり転職をしないことになっても手数料がとられることはありません。

なぜ無料で利用できるの?看護師転職サイトの仕組み

これまで見てきたように転職サイトは求人の紹介から選考の対策まで手厚いサポートを受けることができますが、これらのサービスはすべて無料で受けることができます。

なぜここまで手厚いサポートが無料で受けられるかというと、求人側(病院やクリニック等)からお金をもらうビジネスモデルだからです。

転職サイトの運営会社は仲介者として求人側に求職者を紹介し、内定が決まると求職者の年収の約20%を仲介手数料として求人側からお金を受け取ります。(参考:公益社団法人全日本病院協会調査

転職サイトを利用する3つのメリット

転職サイトを利用するメリットは、以下の3つです。

  1. 非公開求人を紹介してもらえる
  2. 履歴書や面接のサポートをしてもらえる
  3. 応募手続きや選考の日程調整や内定後の給与交渉をしてもらえる

非公開求人を紹介してもらえる

転職サイトを活用する最大のメリットは非公開求人を紹介してもらえることです。

非公開求人とは?
病院のWebサイトや転職サイトなどで、⼀般公開されていない求⼈情報のこと。どのようなポジションや条件で人材を募集しているのかを普通の⼈は知ることができません。このような⾮公開求⼈は、転職サイトに登録すると、担当してもらえるキャリアアドバイザーが情報を把握しています。

一般には公開されていない優良な求人情報も含めた多くの選択肢から、あなたにあった求人を紹介してもらえるため、転職サイトに登録しておくと、可能性が広がると言えるでしょう。

履歴書や面接のサポートをしてもらえる

キャリアコンサルタントから履歴書の書き方や面接対策のサポートを受けることができます。

特に面接で落ちてしまった場合の理由や次回に向けた改善点をキャリアコンサルタントからフィードバックしてもらえる点は、一人で転職活動を行う場合と比べて大きなメリットになります。

また、キャリアコンサルタントは病院ごとの傾向や最新の内情についての情報を持っているケースがあるため、豊富な情報をもとに選考の準備を行うことができます。

応募手続きや選考の日程調整や内定後の給与交渉をしてもらえる

実際に転職活動を行うとなると、複数の病院の選考を同時並行で進めていくことが一般的です。

また、選考も面接が複数回あることが一般的なため、スケジュール調整の手間がかかります。

しかし、転職サイトを利用する場合は、キャリアコンサルタントがこれらをすべて代行してくれるため、手間なく効率的に転職活動を進めることができます。

また、内定後の給与交渉を行う場合、自分一人ではやりにくいものですが、キャリアコンサルタントを通せば希望が通るケースもあります。

特に仕事をしながら転職活動を進める方は、キャリアコンサルタントを活用することで、効率的に転職活動を進めることができるでしょう。

応援ナースを辞めたい人におすすめの転職サイトTop3

この章では応援ナースを辞めて転職したい人におすすめの転職サイトを紹介したいと思います。

どのサイトも無料で登録ができ、求人の閲覧やエージェントへの相談ができるのでぜひ試しに登録をしてみてください。

1位.ジョブメドレー | 自分のペースで転職活動ができる 利用者満足度No.1の転職サイト

利用者満足度求人数

当サイトの利用者満足度調査
では全97サイトの中で堂々トップ
3万666件
全国35万件以上の事業所の正社員、契約社員、
アルバイト・パート、業務委託などの幅広い求人を保有

ジョブメドレーの最大の特徴は『自分のペースで求人探しが出来る』ことです。

ジョブメドレーは転職サイト(エージェント形式)(求職者に担当のキャリアアドバイザーが1人つき、アドバイザーと2人3脚で転職活動を行う形式)ではなく、求人サイト形式の転職サービスです。

そのため、ジョブメドレーではアドバイザーからの電話や連絡を受けることがないため、転職サイトで最も多い不満の一つである「担当者からの連絡のしつこさ」を感じることがなく、自分のペースでじっくりと転職活動ができます。

さらにジョブメドレーには経歴を登録しておくだけで病院側から直接採用面接の依頼がくる『スカウト機能』が搭載してあります。

自分で求人を探して連絡をするといったことをせずに、病院側からオファーが来るのを待って、連絡があった時だけ対応するといったスタイルの転職活動も可能なため、自分のペースで転職先を探したい人にとってはおすすめの転職サイトです。

✔自分のペースで仕事探しをしたい        
✔自分で求人を探すのが面倒           
✔利用者満足度が高く実績のあるサービスを使いたい

関連記事:ジョブメドレーの評判は?看護師の口コミを徹底分析!

2位.ナースではたらこ | 行きたい病院を直接指名できる”逆指名求人”が魅力的な転職サイト

利用者満足度求人数

行きたい病院を指名できる”逆指名求人”制度が特徴。
24時間フリーダイヤル受付をしており、
仕事が不規則な方でも利用しやすいと評判。
1万3,018件
求人数はやや少なめだが、
日本全国の求人を幅広く扱っている。

『ナースではたらこ』は、行きたい病院を指名できる「逆指名求人」が特徴的な転職サイトです。

逆指名求人とは、求職者が「●●病院に転職したい」と申告すれば、求人募集が行われていない場合でも、キャリアアドバイザーが求人状況や条件を確認してくれるという仕組みです。

そのため「気になっている病院がある」という方にとっては、効率的に転職活動を進めることができるでしょう。

また、問い合わせのフリーダイヤルは24時間受付をしているので、夜勤や勤務シフトの関係で時間が不規則という方でも安心して利用することができます。

・働きたい病院が決まっている        
・仕事の都合上、転職活動の時間が確保しにくい
・地方の求人に強いアドバイザーに相談したい 

関連記事:ナースではたらこの評判は?看護師の口コミを徹底分析!

3位.レバウェル看護(旧:看護のお仕事) | 公開求人数No.1 面接同行サービスなどの充実したサポート体制が強み

利用者満足度求人数

面接同行・LINE相談OKなど充実のサポート体制が高評価。
12万6,105件
今回の調査対象サイトの中では圧倒的No.1の公開求人数。

『レバウェル看護(旧:看護のお仕事)』は、公開求人12万件以上と、看護師転職サイトの中では最大級の公開求人数を保有しています。

キャリアコンサルタントは、年間4,000回以上の病院や施設訪問を通じて、病院の医療方針や職場環境など現場のリアルな情報を詳細まで把握しています。

そのため、「職場の雰囲気や人間関係はどうか」「子育て中の看護師にも理解がある職場か」などの情報を踏まえて、転職者に合った求人を紹介してもらうことが可能です。

また、担当するアドバイザーが顔写真付きで紹介されているのも安心できるポイントです。

さらに、電話やメールではなくLINEで「新着求人情報が届く」「キャリアコンサルタントへの相談ができる」など、気軽に転職活動を進めることができる仕組みが整っています。

✔とにかくたくさんの求人を見たい        
職場の雰囲気や内部情報について詳しく知りたい
顔の見えるキャリアコンサルタントに相談したい 
関連記事:レバウェル看護(旧:看護のお仕事)の評判は?
看護師の口コミを徹底分析!

応援ナースに関するよくある質問

新型コロナウイルス感染症対応の応援ナース求人はある?

はい、新型コロナウイルス感染症対応の応援ナース求人は数多くあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、多くの病院や施設で看護師不足が深刻化しています。そのため、新型コロナウイルス感染症対応の応援ナースを求める求人が数多く出ています。

応援ナースとして新型コロナウイルス感染症対応の現場で働く場合には、以下のようなスキルや経験が求められます。

  • 感染症対策に関する知識や経験
  • 重症患者の看護経験
  • 急変対応能力

震災対応の応援ナース求人はある?

はい、震災対応の応援ナース求人も数多くあります。

地震や台風などの自然災害が発生した場合、多くの病院や施設で看護師不足が深刻化します。そのため、震災対応の応援ナースを求める求人が数多く出ています。

応援ナースとして震災対応の現場で働く場合には、以下のようなスキルや経験が求められます。

  • 災害医療に関する知識や経験
  • 多重災害患者の看護経験
  • 緊急時対応能力

応援ナースは電話やweb面接もできる?

はい、応援ナースは電話やweb面接も可能です。

応援ナースとして働く場合には、派遣元の会社と面接を行う必要があります。ただし、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、電話やweb面接を導入している派遣元の会社も増えています。

電話やweb面接の場合、対面面接と比べて、自分の言葉で伝える力が求められます。また、画面越しでは表情や声のトーンが伝わりにくいため、表情や声のトーンにも気を配る必要があります。

応援ナース登録後の流れを知りたい

応援ナース登録後の流れは、以下のとおりです。

  1. 派遣元の会社に登録する
  2. 面接を受ける
  3. 条件面談を行う
  4. 派遣先の病院や施設に赴任する

派遣元の会社に登録する際には、履歴書や職務経歴書などの書類を提出する必要があります。また、面接では、応援ナースとして働く意欲やスキルなどをアピールする必要があります。

条件面談では、給与や待遇などの条件を調整します。

派遣先の病院や施設に赴任する際には、オリエンテーションを受けて、業務内容や職場のルールなどを学びます。

まとめ:一時的に稼ぐならアリだけどずっと続けるのはしんどい

応援ナースは、さまざまなメリットがある一方で、デメリットもあります。

メリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • さまざまな病院や施設で働くことができる
  • 自分のスキルや経験を活かすことができる
  • 短期間で高収入を得ることができる

デメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 職場の人間関係がうまくいかないことがある
  • 仕事内容や環境が自分に合わないことがある
  • 給与や待遇が不満なことがある

応援ナースとして働く場合には、メリットとデメリットを理解した上で、自分に合った働き方を選択するようにしましょう。

一時的に稼ぐ目的であれば、応援ナースはアリな選択肢の一つです。しかし、ずっと続けるとなると、体力的にも精神的にも負担が大きくなる可能性があります。

応援ナースとして働く場合には、自分の体調や心の状態を常に把握し、無理をせずに働くことが大切です。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

タイトルとURLをコピーしました