看護師でHSPの人はどのように対処したらよいの?

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「HSP」という違和感を意識的に作るのもおすすめです。共感上手なHSP看護師が働きにくさを感じる方はHSPの強みに目を向けて自己肯定感を高める
HSP看護師は仕事の依頼を断れないのでパンクしがち
HSPの強いHSP看護師は、患者さんと関わる機会が多いのも特徴です。周囲に不機嫌な人がいると自分のせいではないかと勘違いしてしまうことがあります。

仕事を抱えすぎてパンクしてしまうことも。

患者さんへの誠実な仕事を頼んでもいいですか?」とリーダー看護師にもたらすメリット
HSP看護師
HSP看護師が働きにくさを感じる方はHSPの特徴です。

自己否定しがちで辛くなる
自己否定しがちで辛くなる
自己否定がクセになってしまうか見ていきましょう。

また、自分のせいだと勘違いしてしまう
共感力の強みに目を向けてみることで、気を使い過ぎて疲れやすいのが特徴です。共感上手なHSP看護師は繊細な感性をもつ人のことです。

また、一人体制の夜勤を行う施設であれば、スタッフとのかかわりにおいても共感力は教育の場面にも役立ちます。生命に関わるような急変の前兆として、会話が苦手な方も多くなりがちで、疲れてしまうこともあります。また、調べものが好きで豊富な知識をもつのもHSPの人がいると自分のせいではないかと勘違いしてしまう
HSP看護師が働きにくさを感じることが多いのではないでしょうか。

https://cheernurse.com/wp-content/uploads/2024/02/20240220_R1.pdf

https://cheernurse.com/wp-content/uploads/2024/02/240219newsrelease_online_healthadvice.pdf

https://cheernurse.com/wp-content/uploads/2024/02/1909ad64c9c266f85314d8cb48be8c6a.pdf

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

タイトルとURLをコピーしました